ダッシュボードの力: ダッシュボードの活用方法、ダッシュボードによって作業が容易になる理由、およびダッシュボードがビジネスにどのような課題を与えるか

8/31/2023
1 minute
ヤンŘeřicha

ビジネスの状況は急速に変化しており、データと情報の管理要件も変化しています。 このデータ世界をナビゲートするのに役立つ最も重要なツールの XNUMX つは、ダッシュボードです。 しかし、どうやって使えばいいのでしょうか? なぜそれが私たちの仕事を楽にするのでしょうか? そして、それは私たちのビジネスにどのような課題をもたらすのでしょうか?

ダッシュボードを使用する理由

ダッシュボードは、膨大な量の情報を簡単にナビゲートできる視覚的で対話型のインターフェイスを提供します。

財務指標、チーム レポート、プロセス追跡、またはその日の単なるタスクの概要など、ダッシュボードはこの情報を効果的に収集して表示するユニークな機会を提供します。

ダッシュボードは状況に応じた関連性を提供し、特定のチームまたはプロセスのニーズに合わせてカスタマイズできます。 これにより、誰もが必要なツールやデータを備えた「自分のスペース」を確保できるようになり、効率と創造性が向上します。

こうした個別のスペースを会社全体で共有することも重要です。 ダッシュボードによりこの共有が可能になります、コラボレーションと目標への統一したアプローチを促進します。 個性化とつながりの間のこのバランスが成功の鍵です。

このビジュアル ツールは、規模や業界に関係なく、あらゆるビジネスや組織に豊富なメリットをもたらします。 さらに詳しく見てみましょう:


1.視認性の向上

ダッシュボードは、さまざまなソースからのデータを単一のわかりやすいビューに集約して表示するように設計されています。

重要なビジネス指標や重要業績評価指標 (KPI) に関するリアルタイムの更新と洞察を提供し、業務の正確な最新の状況を把握できます。

この 可視性の向上により、より迅速なデータ主導の意思決定が可能になります 潜在的な問題を問題になる前に特定するのに役立ちます。


2.生産性の向上

ダッシュボードは情報を一元管理することで、複数のソースからデータを手動で収集する必要がなくなります。

これにより、チームが管理タスクに費やす時間が大幅に削減され、チームはより戦略的で付加価値の高い活動に集中できるようになります。

ダッシュボードでは次のこともできます コラボレーションを強化する、チームメンバーが簡単にデータにアクセスし、共有し、議論できるためです。 チームメンバー間だけでなく、組織部門間のコラボレーションの向上につながります。


3. レポートの簡素化

ダッシュボードはレポート プロセスを自動化し、ボタンを押すだけで専門的で洞察力に富んだレポートを作成できます。

これにより、特にレポート作成が複雑で時間のかかる作業となる大規模な組織では、かなりの時間とリソースを節約できます。

カスタマイズ可能なダッシュボード ビューは、さまざまな対象者に合わせてレポートを調整できることも意味し、 誰もが情報を得る 彼らが理解できる形式が必要です。




4. 意思決定の改善

ダッシュボードは、多くの場合、グラフ、チャート、地図を使用して、情報を視覚的に表示します。

このデータの視覚的表現により、傾向、パターン、外れ値を簡単に特定できるようになり、情報に基づいた意思決定を迅速に行うことができます。

By データを明確かつ簡潔に表示する、ダッシュボードは、より適切かつ迅速な意思決定をサポートし、正確な最新情報に裏付けられた意思決定を保証するのに役立ちます。


5. 説明責任の強化

By パフォーマンス指標と KPI を明確に表示し、 ダッシュボードは、組織内で説明責任の文化を促進できます。

チームメンバーは自分たちのパフォーマンスが組織目標とどのように一致しているかを簡単に確認でき、マネージャーはパフォーマンス不足を迅速に特定して是正措置を講じることができます。


6 スケーラビリティ

ビジネスが成長するにつれて、監視および分析する必要があるデータの量も増加します。

ダッシュボードは本質的にスケーラブルであり、機能を失うことなく増加するデータ量を組み込むことができます。

これにより、ビジネスに合わせて進化できる将来性のあるソリューションとなり、運用がどれほど複雑になっても貴重な洞察が得られます。


Easy Projectでのダッシュボードの活用方法

Easy Project では、ユーザーのさまざまなニーズに合わせていくつかのタイプのダッシュボードが調整されています。


マイダッシュボード

このダッシュボードは左側のメニューですべてのユーザーに表示され、すぐに使用できます。 適切な権限を持つユーザーは、ニーズに合わせて変更できます。

使用事例:

ホームページのダッシュボードは、オープン チケットの数、進行中のプロジェクト、従業員の可用性、ログインに費やした時間や出席状況などの重要な KPI を表示するようにカスタマイズされています。

この すべてのチームメンバーに許可を与える開発者からプロジェクトマネージャーまで、 現在の状況を明確に把握する 計画とタスク管理を容易にします。


プロジェクトダッシュボード

このダッシュボードは各プロジェクト内でアクセスでき、適切な権限を持つユーザーはそのコンテンツと構造を調整できます。

使用事例: 複数のプロジェクトを実行する組織では、各プロジェクトのダッシュボードをカスタマイズして、そのプロジェクトに関連する特定のデータと指標を反映できます。 同時に、プロジェクト ダッシュボード テンプレートを使用すると、すべてのプロジェクトを同じ外観にすることができ、すべてのプロジェクトとその選択した属性をすばやく並べ替えて比較できるようになります。

これにより、プロジェクト チームは進捗状況を効果的に監視し、潜在的なボトルネックや課題を即座に特定し、必要に応じて戦略を迅速に調整できます。


機能ダッシュボード

これらのデフォルト機能 (B2B CRM、サービス デスク、リスク管理など) は、右側のメニュー (上部の新しいデザイン) から簡単にアクセスでき、事前に設定されており、すぐに使用できます。

使用事例: 組み込み機能を使用して、顧客関係管理を合理化できます。 B2B CRM ダッシュボードはリード、顧客とのやり取り、販売パイプラインを追跡するために使用され、サービス デスク ダッシュボードは顧客サービス チケットの監視と管理に役立ち、顧客サービス チームの効率を向上させ、顧客満足度を向上させます。


カスタムダッシュボード

この機能を使用すると、必要に応じて変更または削除できるカスタム ダッシュボードを作成できます。

使用事例: 企業はカスタム ダッシュボードを作成して、リアルタイムの運用データ、製品のパフォーマンス、さらには従業員の生産性を監視する場合があります。 これにより、企業は特定のニーズに合わせた洞察を得ることができ、より効果的な意思決定につながります。


ダッシュボードにジャンプ

カスタム ダッシュボードを作成してそこにジャンプする機能は、 さまざまな操作を管理する環境で役立ちます.

使用事例: 仕事のさまざまな側面を追跡する必要がある、忙しいプロフェッショナル全員に最適です。 プロジェクトのタイムライン、チームのパフォーマンス、財務指標などを監視する必要がある場合があります。 統合された迅速なナビゲーション ツールがなければ、必要な情報を取得するために多数の異なるページやソフトウェアをふるいにかけなければならず、貴重な時間が無駄になる可能性があります。




Easy Project を試してダッシュボードの威力を実感してください

Easy Project ダッシュボードでプロジェクトを効率的に管理。 これらのカスタマイズ可能で直感的なダッシュボードはデータを効率的に視覚化し、情報に基づいて迅速に意思決定を行えるようにします。 プロジェクトの進捗状況を追跡する場合でも、財務データを管理する場合でも、重要な情報に一目でアクセスできるため、より優れた洞察が得られ、効率が向上します。

ダッシュボードにジャンプ機能を使用すると、 異なるビュー間を簡単に切り替えることができます、ワークフローをスムーズで中断のない状態に保ちます。

現代のプロジェクトマネージャーのためのオールインワンソフトウェア? 簡単。

XNUMXつのソフトウェアで、完璧なプロジェクトの計画、管理、および制御を行うためのすべての強力なツールを入手してください。

Easy Project を 30 日間の無料トライアルで試す

フル機能、SSL 保護、毎日のバックアップ、ジオロケーション