バージョンのリリースノート:10.0.x

にアップグレードする前にお読みください バージョン10。

推奨Rubyバージョン:2.6.5
Ruby 2.3の廃止予定のお知らせ 詳細を見る.

Contents [show]

依存カスタムフィールド

タスク期間

セキュリティ-「x」回の不正なパスワード送信後にユーザーをブロックする

カスタムフィールド-色

速度の最適化-関連エンティティの負荷制限

担当者の選択に出席を表示する

プロジェクトの削除-安全な検証

DMSの変更

削除されたホームページモジュールプロジェクトリスト

依存カスタムフィールド

これは、広く望まれているもうXNUMXつの機能です。 それは大きな可能性をもたらしますが、利用可能な構成の複雑さのために論理的に避けられないコーナーケースももたらします。 不要な制限要因なしでご利用ください。

使い方

設定方法

  1. 最上位のカスタムフィールド(ブランド)は常に形式である必要があります リスト 複数選択と出力が無効になっている ドロップダウンリスト
  2. これで、セカンダリ依存フィールドを作成することができます。 ここで、このレベルで使用できるすべての値を入力します-親フィールドのすべての可能なオプションについて。
    繰り返しますが、 ドロップダウンリスト。 この時点で、親フィールドを選択します。それに基づいて、このフィールドで使用可能な値を決定します。 セーブ。
  3. 保存後、利用可能な選択のマトリックスが表示されます。 どちらを選択するか モデル それぞれに行きます ブランド
  4. 必要に応じて、新しいカスタムフィールドを作成して設定することにより、別のレベルの依存関係を追加できます。 モデル 親フィールドとして。

設定と変更を慎重に検討する

  • 必須、読み取り専用、非表示-誤った設定によりエラーが発生する場合が多くあります。 たとえば、必要に応じて(ワークフローまたはフィールドの設定で)第2レベルのフィールドを設定した場合、ロールから親フィールドを非表示にすることはできません(ワークフローまたは特別な可視性を使用して)。
    可視性、編集、およびセキュリティの設定は、「依存関係チェーン」のすべてのフィールドと全体的に同じにすることをお勧めします
  • 使用可能な値の変更-親フィールドの可能な値を変更する場合は、すべての依存フィールドも再構成する必要があります。
    依存フィールドをフィールドの説明にリストすることをお勧めします。 このようにすると、変更にさらにステップが必要であることがわかります。

タスク期間

タスクを作成または編集するときに、開始に基づいて期日を設定することが可能です+ デュレーション これは新しい分野です。

使い方

最初は正しくないように見える特定のロジックがあります。 ただし、これには十分な理由があり、アプリケーションのパフォーマンスに影響を与えることなく、この機能を一般的に有用にする必要があります。 ここでは、これらの状況に対処します。

  • 開始日=期日の場合、期間は1(0ではない)です
  • 期日の計算は、デフォルトの稼働時間カレンダーに基づいています(管理>>稼働時間-テンプレート)=> 週末と休日は期間に含まれません。 だから、 結果の期日は常に就業日になります.
    パフォーマンスの最適化のため、デフォルトのカレンダーが使用されています。 ユーザーごとに作業カレンダーが異なる可能性があることは理解していますが、担当者に基づいて期間を再計算することは、アプリケーションにとって不必要な負荷になります。
  • 週または月を使用する場合、これはそれらが計算される方法です
    • 週= 5日
    • 月= 21日
  • これは、この機能に着想を得たMS Project標準に基づいています。
  • バージョン10.0.2以降 -期間フィールドは、タスクタイプの設定で有効/無効にできます。 開始日と期限の両方が有効になっている場合にのみ表示されます。

セキュリティ-「x」回の不正なパスワード送信後にユーザーをブロックする

不正なパスワードを複数回送信した後、ユーザーを自動的にブロックする新しいセキュリティ機能。

設定は、[管理] >> [設定] >> [認証]-ログイン試行の失敗にあります

使い方

  • ブロックされると、ユーザーはログインページに設定された通知を見つけます。
    ユーザーのブロックを解除できる管理者またはオフィスの連絡先情報を表示して、どこにアクセスすればよいかがすぐにわかるようにすることをお勧めします。
  • また、ユーザー管理を担当する管理者に対して通知を有効にして、何が起こったのかを事前にユーザーに連絡できるようにすることをお勧めします。
  • 手動でのブロック解除-管理者は、 プロフィール (ユーザー編集フォームと混同しないでください)、クリック ブロックを解除する.
  • ブロックvsロック-この機能は Studio上ではサポートされていません。 関連する ユーザーをロック たとえば、組織を離れた場合など、ユーザーをアプリケーションから完全に非表示にする場合に使用される機能。

    ブロックされたユーザーはまだ アクティブ、 ブロックが解除されるまで、アプリケーションにログインできません

カスタムフィールド-色

新しいカスタムフィールド形式-色。 説明的な方法でいくつかの属性を示すための赤、オレンジ、緑の単純な選択。

速度の最適化-関連エンティティの負荷制限

以前に
タスク、連絡先、またはその他のエンティティに割り当てられた他のエンティティ(40の関連するCRMケース(ビジネス取引)など)が含まれている場合、それらを開くのに時間がかかりすぎました。 これらのアイテムがすべて読み込まれ、快適になるまでに時間がかかりました。


リスト全体を新しいページで開くオプションを使用して、10個の関連エンティティのみがすぐに読み込まれます。

一部のユーザーは、これを不便に感じるかもしれません。 ただし、連絡先などのエンティティにアクセスするときは、そのエンティティの詳細に主に関心があります。これは、不要なエンティティを多数待機する必要がある場合よりもはるかに高速に利用できます。 また、この連絡先の関連エンティティのリストを実際に確認する必要がある場合は、連絡先の詳細ビューに留まる必要はありません。新しいページで提供される完全にカスタマイズ可能で検索可能なビューが必要です。

担当者の選択に出席を表示する

Attendanceプラグインを使用している場合、これは非常に便利です。 タスクの担当者を設定すると、出席状況が選択肢に表示されます。 したがって、現在不在/利用できないユーザーを確認できます。

プロジェクトの削除-安全な検証

プロジェクトを削除すると、誤って削除されないように特別な確認が表示されます。

簡単なDMSの変更

これは、DMS機能の変更のバンドルです。

  • ドキュメントのマイナーバージョンの最大数が以前の999から99に引き上げられました
  • 一部の場所にXSS防止を追加
  • 親フォルダーから継承されたフォルダーのアクセス許可がサブフォルダーの編集ページに表示される
  • バグ修正-無効でもWebDAVにアクセス可能
  • バグ修正-承認の通知が閉じられたプロジェクト/ロックされたユーザーから送信されました
  • バグ修正-フォルダーを編集すると、その親フォルダーにリダイレクトされました
  • バグ修正-ダウンロード後にダウンロードボタンが無効になりました

削除されたホームページモジュールプロジェクトリスト

ページモジュール プロジェクトリスト (XNUMX月のページ)の読み込みは非常に遅く、一般的には古くなっています。 そのため、ホームページのカスタマイズ時にモジュール選択から削除されました。
代わりに、モジュールを使用します フィルターからのプロジェクト そして、適切な数のプロジェクトを設定します。ホームページですべてのプロジェクトを表示する理由はまったくありません。
すでにこのモジュールを利用できるユーザーは引き続きそれを利用できますが、ホームページの読み込みが迅速であるため、次のように置き換えることを強くお勧めします フィルターからのプロジェクト モジュールを開きます。

30日間の無料トライアルでEasy Projectをお試しください

フル機能、SSL保護、毎日のバックアップ、地域内